白い歯
  • 歯が黄色くて思いっきり笑えない
  • 昔より歯の色が黄色くなった気がする

といった、歯の色の悩みを持っている方も少なくないと思います。

ホワイトニングは、歯の内側から漂白して歯を白くする方法です。クリーニングでは取れない着色や加齢による歯の黄ばみは、ホワイトニングで内側から白く輝いた歯に仕上げることができます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには、歯医者さんで処置を行う”デュアルホワイトニング”と自宅で歯を白くできる”ホームホワイトニング”の2種類があります。

当院では、デュアルホワイトニングとホームホワイトニングの両方を取り扱っており、患者様の歯の色やライフスタイルに合った方法を提案させていただきます。

デュアルホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニング
  • 1回の施術で歯が白くなりやすい
  • 専門家の施術なので、仕上がりが美しい
  • すぐに歯を白くしたい方におすすめ

デュアルホワイトニングのデメリット

  • 歯の色が戻りやすく短期間で再施術が必要

広範囲で低価格のホワイトニング

通常価格16,500円(税抜15,000円)*上の前歯8本×下の前歯8本の計16本の価格です。

平日回数券(5回券)は55,000円(税抜 50,000円)とさせて頂きます。

(ご利用可能時間:平日12時~17時までのご予約)

ホワイトニングをする範囲は、前歯の部分で上下合わせて計12本なのが一般的です。しかしそれでは、笑った時に奥歯の色と前歯の色の差が目立って、見た目が不自然になりやすいです。

当院では、前から3番目の歯(犬歯)の隣にある小臼歯を含めた計16本の歯にホワイトニングを行い、奥歯と前歯の色の差を気にせず笑顔で過ごせるのを優先しています。

LED照射器ブリリカビアンコを使用

ブリリカビアンコ

デュアルホワイトニングでは、唇や歯茎を保護した状態で歯の表面に専用のジェルを塗布してから、特殊な光を当てて歯を漂白していきます。

当院では、ブリリカビアンコというLED照射機器を使用しています。今までの機器では、患者様が動くと歯に当たる角度が変わってしまい、歯の白さにムラができやすいのが悩みでした。

このブリリカビアンコは、口の粘膜を引っ張っている開口器に直接設置できるため、一定に光を当て続けることができ、ムラなくきれいにホワイトニングできます。

また、患者様は動かないストレスから解放され、リラックスした体勢で施術を受けられるようになっています。従来のデュアルホワイトニングシステムでは、施術中に熱い、痛い、しみるといった症状がでやすく患者様の負担が大きいものでした。

ブリリカビアンコには、3種類の波長のLEDが90個設置されていて、歯に当てても熱さや痛みなどの症状がでにくいのが魅力です。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自宅で行うホワイトニングです。ホワイトニング用のトレーを作製してから、自分で薬剤を入れて歯に被せて使います。自分のすきな時に、ホワイトニングできるのが特徴です。

ホームホワイトニングのメリット

ホームホワイトニング
  • 自然な白さにできる
  • 自分のペースに合わせて使える
  • 歯の白さが長持ちしやすい
  • 痛みやしみがでにくい

ホームホワイトニングのデメリット

  • 指定時間を守らないと効果がでにくい
  • 歯が白くなるまで時間がかかる(約2週間)
  • 取り外しの手間がかかる

失活歯のホワイトニング(ウォーキングブリーチ)

失活歯

ウォーキングブリーチは、外傷や虫歯治療で神経を失って黒くなった歯を、白くする治療法です。神経は死んでしまうと、歯に栄養が送られず黒く変色する場合があります。

ウォーキングブリーチは、歯の内側に高濃度の漂白剤を注入して、徐々に歯の色を白くしていきます。この方法では、高濃度の漂白剤を使用するため、神経を失った方が対象になります。

ウォーキングブリーチの効果

ウォーキングブリーチは、歯の色が黒くなっている原因を除去した後に漂白剤を内側に入れるので、歯が白くなる効果が持続しやすいです。

また、歯の内側から徐々に白くなるため、自然な色の仕上がりになります。他には、審美性の高いセラミックの被せ物を予定している方にもオススメです。土台となる歯の色を白くすることで、セラミックを被せた時により透明感があり美しい見た目になります。

ウォーキングブリーチの流れ

唇や粘膜の保護

ウォーキングブリーチで使用する漂白剤は、高濃度で刺激が強い薬品です。歯茎や粘膜をガーゼやワッテ、ラバーダムといった道具でしっかりと保護していきます。

歯の内側から薬剤を注入

ウォーキングブリーチ

前歯の裏側に小さい穴を空けて、その中に漂白剤を入れていきます。1週間~2週間の間隔で様子を見ながら、漂白剤を交換していきます。歯の色調が、数回の処置で改善していきます。

歯の裏側を封鎖する

数回の治療後、歯の色が十分に白くなった頃、漂白剤を除去して最初に開けた小さな穴をレジン(プラスチック)で埋めていきます。噛み合わせの調整をして、問題がなければ治療終了です。

ウォーキングブリーチがおすすめな方

  • 転倒等が原因で歯が1本黒く変色している
  • 審美性の高いセラミックの被せ物を予定している

長期間の白さを求める方には

白い歯

ホワイトニングやウォーキングブリーチは、歯の内側から白くする方法で、時間の経過と共に色調が変わり、定期的に再度処置を行う必要があります。

しかしセラミック治療は、最初の白さを継続的に維持できる治療法で、変色することはありません。

  • 定期的に治療を繰り返すのが面倒
  • ウォーキングブリーチが適応でない

といった方は、セラミック治療で白く美しい歯にできます。

ホワイトニングの注意点

  • ホワイトニングは、天然歯(神経のある歯)が対象になります。ホワイトニングをしたことで被せ物と天然歯の色にギャップが出る場合があります。その場合には、白くなった歯に合わせて被せ物を作り直すことで、より美しい口元を再現できます。
  • ホワイトニングは、痛みがほとんどないのが特徴ですが、稀にしみる症状が出る場合があります。そんな時は、無理をせず一度治療を中断したり、知覚過敏用の歯磨き粉を使ったりすると症状が和らいでいきます。
  • 妊娠中、授乳中の方は、ホワイトニングをお断りさせて頂いています。薬剤が胎児に影響を及ぼしたり、口内環境が乱れる可能性がありおすすめできません。とはいえ、妊娠中や授乳中の方は、女性ホルモンの乱れが口内に影響して、虫歯や歯周病になりやすいです。歯のクリーニングは問題ないので、一度ご相談ください。
047-453-8241

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-5575-8211

平日  
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼4-10-35
ガレット京成津田沼駅前ビル1F

京成線/新京成線「京成津田沼駅」 徒歩 1

駐車場完備(所在地はコチラ)
京葉道路・花輪インターor幕張インター利用
東関東自動車道・湾岸習志野インター利用