歯科技工士

当院で入れ歯作りが選ばれるのは、患者様に適した入れ歯を提供できるからです。初めて入れ歯を作る方も、今までの入れ歯が合わなくて痛い、外れやすいといった入れ歯特有の悩みがある方も、当院で入れ歯を作製してみませんか?

当院では、患者様の体の一部となる入れ歯を、真心込めて作っていきます。

入れ歯の種類

当院では、豊富な種類の入れ歯を用意しております。それぞれの入れ歯の特徴を、紹介していきます。

温度を感じる金属床義歯

金属床

金属床義歯は、金属を使った入れ歯です。当院では、コバルトやチタン、白金加金といった金属を使用していて、次のような特徴があります。

丈夫で軽い

金属床で使う金属は、軽くて丈夫なのが特徴です。また、チタンや白金加金といった金属は、腐食しにくく錆びにくいため、変色せず長期的に使い続けることができます。

違和感が少ない

金属は薄く加工しても、割れにくい性質があります。例えば、入れ歯に厚みがあるほど口の中の違和感が強くなり、長時間使い続けることが難しくなります。しかし、金属床の入れ歯は、薄くてコンパクトに作製でき、違和感が少なく快適に過ごせるのが魅力的です。

食事を楽しめる

失った歯が多いほど歯茎の広い範囲を覆われる形になるので、入れ歯が大きくなってしまいます。入れ歯が大きく分厚いなると、食材の熱さや冷たさを感じにくくなり、以前より食事を楽しめなくなる方も多いです。

一方で金属は、熱や温度を伝えやすい熱伝導性という性質があります。そのため、金属床は温かい食事や冷たい飲み物をしっかりと感じることができ、以前と同じように食事を楽しめます。

金属を使わないノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、柔らかいプラスチックを加工した入れ歯のことで、次のような特徴があります。

見た目が美しい

ノンクラスプデンチャーは、その名の通り、歯に固定するための金属のバネ(クラスプ)がない入れ歯です。バネがないぶん見た目が美しくて、他人に入れ歯をしていると気づかれにくいのが魅力的です。

入れ歯が割れにくい

ノンクラスプデンチャーは、柔らかくて弾力性がある素材で作られています。入れ歯を曲げたときには、”しなる”性質があるほど柔らかく、過度な負担が入れ歯にかかったり落としたりした時にも、割れにくく安全です。

安定感があるマグネット式デンチャー

マグネット式デンチャー

磁石の引き合う力を利用しているのが、マグネット式デンチャーです。マグネット式デンチャーの特徴は、次の通りです。

金属のバネがない

マグネット式デンチャーでは、歯の土台に入っている磁石と入れ歯に埋め込んでいる磁石を合わせるように使用します。使用する磁石は磁力が強く、入れ歯を固定させるために取り付ける金属のバネは必要ありません。金属のバネがなく、入れ歯だとわかりにくい見た目になります。

しっかりと固定されてズレにくい

マグネット式デンチャーは、磁石同士でしっかりと固定されているので、歯茎に擦れて痛みが出たり、外れたりといった症状が出にくいです。また、磁石の引き合う力は衰えることなく、歯の土台や入れ歯を清潔にケアすれば、長期的な使用が可能になります。

お手入れが簡単

マグネット式デンチャーの作りは、シンプルにできています。歯磨きがしやすく入れ歯の清掃も簡単にできます。また、汚れや嫌な臭いが残りにくく、清潔な状態を保ちやすいです。

BPSデンチャー

BPSデンチャー

BPSデンチャーは、生体機能的補綴システムのことです。つまり、「良く噛める」「痛くない」「外れない」「自然で美しい」入れ歯を作るためのシステムのことで、この条件を満たして作られた入れ歯をBPSデンチャーと言います。BPSデンチャーの特徴は、次の通りです。

自然で美しい見た目

BPSデンチャーでは、入れ歯の形はもちろん、一本一本の歯の形や歯茎の色などにこだわって作製しています。BPSデンチャーの作製は、誰にでもできるのではなく、BPSのセミナーを受けて資格を取った歯科技工士だけになります。

知識と高い技術力を身につけた歯科技工士が入れ歯を制作するため、見た目が入れ歯だとはわからないほど、自然で美しい口元を再現できます。

短期間で作製できる

BPSデンチャーを作る工程は決まっていて、システム化されています。入れ歯ができるまでの工程に無駄がなく、効率的に完成でき、短期間で精度の高い入れ歯に仕上げることが可能です。

口の中の機能を再現できる

話す時と食べる時では、口の開き方や動きが違います。精密に作られていない入れ歯では、状況に応じた筋肉の動きに適応できず、入れ歯が歯茎に擦れて痛みが出たり、外れやすかったりするトラブルが起きやすいです。

一方、BPSデンチャーは、大きく口を開けている時や食べ物を噛んだ時などの細かい動きを想定し作製していて、失われていた口の機能を再現できるほど、完成度が高くなっています。

レジン床デンチャー

保険の入れ歯

レジン床デンチャーは、保険治療で作る入れ歯のことで、次のような特徴があります。

費用が安い

レジン床デンチャーは、健康保険が適応できる入れ歯のため、治療費をかけずに入れ歯を作れます。

割れやすく見た目が不自然になりやすい

レジン床デンチャーで使用している素材は、プラスチックです。プラスチックには、水分を吸収して膨張しやすい性質があります。そのため、入れ歯が唾液や飲み物の水分を吸うことで割れやすくなったり、変形して痛みが出たりしやすいです。また、歯茎の色や歯の形にも限界があり、見た目が悪く不自然な口元になりやすいです。

047-453-8241

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-5575-8211

平日  
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼4-10-35
ガレット京成津田沼駅前ビル1F

京成線/新京成線「京成津田沼駅」 徒歩 1

駐車場完備(所在地はコチラ)
京葉道路・花輪インターor幕張インター利用
東関東自動車道・湾岸習志野インター利用