子どもの矯正

親子

”歯並びは一生モノ”という言葉があるように、歯並びが見た目や機能に与える影響は大きくなります。また、子どもには歯並びを気にせず快適に過ごして欲しいと願っている保護者の方は多いと思います。

当院では、そんな親心を現実にするため、お子さんの口の状態や年齢に適した矯正方法を提案していきます。

子どもの矯正を始める2つの時期

どんなタイミングで矯正を始めたらいいのかわからない…と悩んでいる保護者の方も多いでしょう。子どもの矯正を始めるタイミングは、次の2つの時期があります。

永久歯が生え揃う前に始めるI期治療

小学生

I期治療では、子どもの顎が成長するのを利用して、顎を広げていきながら歯が正常な位置に生えてくるのを誘導していきます。顎の成長は、10才前後にピークを迎えます。成長が終わった後では、顎を広げることができずに生えてくる永久歯の歯並びが悪くなってしまいます。

そのため、歯並びが気になる場合には、10才までにI期治療を始めるのがおすすめです。また、I期治療は、歯を動かすのではなく顎の骨を専用の装置で拡げていくため、無理なく永久歯がキレイに並びやすいです。

永久歯が生えそろってから始めるII期治療

中学生

大人になってから始める矯正は、このⅡ期治療になります。II期治療では、歯を動かして歯並びをキレイに整えていきます。I期治療で顎を十分に拡げて永久歯が並んだ後に、II期治療で理想の美しい歯並びへと動かしていきます。

子ども矯正のメリット

子どもの頃から矯正を始めるメリットは、次の通りです。

子どもの負担が少ない

小児歯科矯正

大人になってからの矯正は、歯を動かして歯並びを整えていくのが基本です。特に、歯を移動させる距離が大きいほど、痛みが出やすく人によっては食事できないほど辛いと感じる方もいます。

しかし、I期治療から矯正を始めた場合には、永久歯が正しい位置に誘導されているので、II期治療ではほとんど歯を動かす必要がなく、痛みを感じにくいです。

またI期治療で使用する装置は、少しずつ顎の骨を拡げていくため、痛みも少なく済み、子どもが矯正治療を続けやすいのが特徴です。

事前に悪い歯並びを防げる

指しゃぶり

子どもの頃についた悪習癖で、歯並びが悪くなるケースが多いです。悪習癖とは、指しゃぶりや舌で歯を押すなどの悪い習慣が癖になっていることです。

癖が治らない限り歯並びが悪くなる一方ですが、当院では、そういった癖を改善しながら永久歯を正しい位置に誘導していきます。そのため、癖が原因で歯並びが悪くなるのを防ぐ効果があります。

また、悪習癖の改善は歯並びだけでなく、顔のバランスを整えることにもなり上下左右の顔のバランスが良くなります。

治療期間の短縮になる

I期治療を行った後は、必ずII期治療をするわけではありません。Ⅰ期治療で歯並びがキレイに整っている場合には、II期治療をする必要はなく、結果的にI期治療だけで済むので矯正期間が短くなります。

マウスピース矯正(インビザライン)

インビザライン

当院では、他人に矯正しているのがわかりにくいマウスピース矯正も行っています。数あるマウスピース矯正メーカーの中でも、アメリカのアラインテクノロジー社が1999年に開発した”インビザライン”という、マウスピース矯正システムを採用しています。

インビザラインのマウスピースは、現在まで100ヶ国以上、約900万人の方(2020年10月現在)が使用していて、豊富な症例数と実績を兼ね備えています。インビザラインは、症例数の多さだけでなく幅広い症例に対応できる、信頼性の高い矯正システムになります。

インビザラインの特徴

インビザラインには、次のような特徴があります。

装置が目立ちにくい

目立たない矯正

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを歯にはめて歯並びを整えていく方法です。素材が透明なプラスチックでできていて、矯正しているのを他人に知られにくいです。

通院回数が少ない

インビザラインで矯正する場合には、頻繁に歯科医院に通う必要がなく2ヶ月〜3ヶ月に一度のペースの通院になります。インビザラインの矯正システムでは、一度の型取りで20個?30個のマウスピースを作製して、歯並びの段階によって付け替えていきます。

最終的な歯並びまでのマウスピースを一度で作製できるので、忙しくて頻繁に通うことができない方でも続けやすい仕組みになっています。

虫歯や歯周病になりにくい

マウスピース

マウスピース矯正は、取り外しができるタイプで、食事の時や歯磨きの時には外すことができます。今までと同じように歯磨きができるため、虫歯や歯周病になりにくく、清潔な状態を保ちやすくなっています。

痛みが少ない

一般的な矯正は、歯にかける圧力が強く、強い痛みを感じることがあります。マウスピース矯正では、数ミリずつ確実に歯を動かしていくため、痛みが少なく違和感を感じにくいのが特徴です。

子どもが対象のマウスピースシステムがある

子供マウスピース

インビザラインには、インビザライン・ファーストといって子ども用のマウスピースシステムがあります。このシステムでは、混合歯列期(乳歯と永久歯が生えている口の状態)の時にマウスピースを付けて、永久歯を正しい位置に誘導するのが目的です。

ただ、このシステム矯正をするには、6才頃に生える第一大臼歯が生えているなど、いくつかの条件が揃っている必要があります。矯正治療に関する相談は、いつでも受け付けております。

お子さんの歯並びが気になる方は、気軽にお声がけください。

大人の矯正

良い歯並び

現在では、歯の美しさに意識を持っている方も多く、大人になってから矯正治療を始める方も少なくありません。当院では、大人の矯正治療にも対応していて、患者様のご要望や生活スタイルに合わせた治療法を提案していきます。

目立ちにくいワイヤー矯正

透明ブラケット

従来のワイヤー矯正は、歯の表面に金属の装置を取り付けるのが一般的でした。その場合には、ギラギラとした目立った見た目になりやすく、嫌だと感じる方も少なくありません。

当院では、目立ちにくい印象になる半透明のプラスチック装置に変えて、矯正治療を進めることが可能です。矯正治療中の見た目が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

047-453-8241

業者様専用ダイヤル(診療予約不可):070-5575-8211

平日  
09:00-13:30/15:00-19:00(最終受付18:30)
土日祝 
10:00-13:00/14:00-18:00(最終受付17:30)

診療時間

〒275-0016 千葉県習志野市津田沼4-10-35
ガレット京成津田沼駅前ビル1F

京成線/新京成線「京成津田沼駅」 徒歩 1

駐車場完備(所在地はコチラ)
京葉道路・花輪インターor幕張インター利用
東関東自動車道・湾岸習志野インター利用